トゥーツ・シールマンス逝去

 2016年8月22日トゥーツ・シールマンスが亡くなった。94歳だったそうだ。ジャズハーモニカの名人としては知らぬ人がないほどだったが、実はハーモニカだけでなく、口笛、ギター、唄まで唄える。十八番の「ブルース・エット」では、ギターと口笛(すごい高音!)のユニゾンで観客を沸かせた。キャリアは相当長く、ジョージ・シアリング・クインテットのギターとしても活躍した。この頃リッケンバッカーを愛用しており、ギターを肩から提げたままハーモニカを吹くというスタイルに憧れたジョン・レノンが、ビートルズの「ラヴ・ミー・ドゥ」でシールマンスをまんま真似たのだとか。
 クインシー・ジョーンズがシールマンスを大々的にフューチュアした、『アイ・ネヴァー・トールド・ユー』の「ホワッツ・ゴーイング・オン」は抜群にカッコよかったな。ご冥福をお祈りします。


« 知る人ぞ知るジャズ喫茶YURI | メイン | なぜ?どうして?と驚きたい »