ホームページも老舗の貫禄?

2000年からホームページを始めたから丸16年になる。パソコンに入っていたホームページ作成ソフトをごちゃごちゃいじってたら、なんとなくホームページらしきものができた。それをプロバイダーの無料スペースわずか3MBにアップロードしてみたのが始まりだ。毎日カウンターが20ほど回るが、そのうち15くらいは自分の訪問回数だった。ホームページでリアル店舗に客を集めようなんて、まったく考えもしなかった。それでも毎日更新してたら見に来る人が増えてきた。そのなかでも勇気あるひとりがとうとうJimmyJazzに散髪にいらした。Aquiraxさんである。まだ当時はネットはネット、あくまでヴァーチャル空間のやりとりで、リアルで会ってるなんて気持ち悪いと言われたものだった。その後、ホームページを読んで面白いと思った人がパラパラ来るようになった。あの頃は容量が限られてたから画像なんてほとんど載せず、わたしの文章だけを熟読した読者ばかりなので、初めて会ったような気がしない人ばかりでやり易かったなあ。


« 一流企業の面接官が選ぶBARBER | メイン | Masterの仕事してる姿を初公開 »