一流企業の面接官が選ぶBARBER

 JimmyJazzも28年もやってるから、最初の頃から散髪にいらしてる方は、ペーペーの新人だったのがいつの間にか偉くなっていることがある。その方を仮にKさんとするが、Kさんが瞑目して散髪をしながら、「やっぱりあいつは残そう」とか、人事の重要な判断をしてると打ち明けられた。そんな大事なことを当店で決めてもいいのだろうか(^^;

 Kさんは、忙しいスケジュールの合間を縫って、電車やバス、時にはタクシーを使ってこまめに散髪にいらっしゃる。新入社員の面接を任される事もあるというから、やはり今どきの若者は茶髪にロン毛だったりするんですかと訊ねたら、「茶髪とかロン毛で(面接に)来たら、お前ら遊びに来とんのか!?と言うて即ハネますね」というではないか。やはり何億もの金額が動くビジネスの場では、それだけの真剣さが要求される、ということらしい。もちろん面接官を務めるKさん自身、髪がボサボサでは話にならないから、入社希望者に礼を尽くす意味でもきちんと散髪されるのだ。

 また、大事な商談の前には伸びてなくても必ず来店して調髪を欠かさない。そして「おかげさまで、この前の商談うまいこといきました。ありがとうございました」と言ってくださるのだ。散髪の出来栄え如何で商談が成功するとも思えないが、一種の願掛けかジンクスのように考えてらっしゃるのだろうか。
 そのKさんが四半世紀も支持してくださってるということは、「一流企業の社員にふさわしい髪形として、当店の提案するトラディショナルなビジネススタイルが選ばれてる」と言っていいのかな?


« ポパイ9月号は「ジャズと落語。」特集 | メイン | ホームページも老舗の貫禄? »