そんなバーバー、あったらすごい

 商売が繁盛するの楽しいことだし、事業がどんどん拡大していくのは見ていてもワクワクさせられる。JimmyJazzも人手を増やして2号店、3号店、やがてはチェーン展開!なーんてのもいいけれど、もう一方で、たった一人のお客様にズシーンと魂に響くような体験をしてもらいたいという、ひじょうに欲張りな考えもある。多くの人々を幸せにすることはできないけれど、ほんの一握りのお客様に、最高に良い音でジャズを聴きながら、まるで異次元空間にいるかのようなすごい体験で、魂に衝撃を感じてもらいたい。そんなことが可能なのかどうなのか、わたしにもわからないけれど、「おっ、これはすごいかも」という手応えを感じたことは過去に何度かある。「何度も」じゃなくて「何度か」なのが心許ない。でも、それは確実にJimmyJazzでしか体験できないことだし、深く刻まれた感動は、かつてわたしがジャズ喫茶で体験した感動のように、いずれ別にかたちで誰かに受け継がれていく。そんなバーバー、あったらすごいじゃないか。あかん、やっぱり負け惜しみにしか聞こえん(^^;


« 各種メンテナンス | メイン | ポパイ9月号は「ジャズと落語。」特集 »