時の過ぎゆくままに

 18年前に韓国へ旅行したときのビデオテープが急に観たくなった。Hi8のビデオカメラはとうの昔に壊れてしまったから、近所の写真屋さんにテープを持って行ってDVDに焼いてもらった。費用は76分で二千円弱。画質はいまのデジタル放送と比べるべくもないが、見れないことはない。
 まあ、家内の若くて美しいこと!www そらこのくらい美人でないと一生かけて養おうという気にはならんだろう。皆さんも結婚時は自分の奥さんは世界一だと、そう思ったはずだ。そして、「俺は美人の嫁さんをもらった」という記憶をメモリーして、ハッと気づく。「あれっ?俺の嫁さんってたしか美人なんじゃなかったっけ?」(^^;

 オーディオも似たようなところがあって、「俺は素晴らしい音のオーディオを手に入れた!」と満足していたはずが、いつの間にか音が劣化していて、とんでもないことになっているのだが、自分は最高のオーディオを買ったんだから音は良いんだという思い込みがあるため、音が悪くなっていてもなかなか気づかない。気づいたときにはもう遅い…ってことはないが、時の経つのは早いものですなあ。はあ〜〜〜~っ( ̄▽ ̄;


« 今となっては恥ずかしい | メイン | ring ring ring »