今となっては恥ずかしい

facebookのJimmyJazzページを作るにあたって、2013年にアサヒコムのジャズストリートに掲載された「JimmyJazz物語」へのリンクを貼っておいた。新聞などの取材を受けるときに、いちいち成り立ちを説明するのがたいへんなので、この「JimmyJazz物語」を読んでもらうのが一番手っ取り早い。何回も再掲を繰り返しているのだが、久しぶりに読んでみると、ちょっと文章自体が古くなったなー、恥ずかしいなーという感じ。じつはこの内容を書いたのは三年前ではなくて、このブログに移行する際に別のところに書いたもので初出は2004年ごろ。三年前のジャズストリート掲載時に読み返してみて、まだ行けるかなと思ったのだが、先日読むと今じゃ絶対こんなこと書かないよなぁと、さすがに古い感じが否めない。10年以上経って成長したのか、それとも元からダサかったことに最近気づいただけなのか(^^;


« ジャガーと呼ばれた男 | メイン | 時の過ぎゆくままに »