ジャガーと呼ばれた男

 今日と明日は地元の野里住吉神社の夏祭りで、だんじりと太鼓で賑やかになる。そうこうしてると法被を着たおばさんもといレディースたちが「祝儀お願いします」と言いながら入ってくるのだ。
 毎年のことだから、用意しておいたお金をさっと手渡すと領収書をくれるのだが、宛名の欄に「ジミージョム」(^^;
 ジミージャズを知らないなんて、本当に地元の人なのかしらと思ってしまう。思えば、「ジミーアンドジャズ」とか「ジミージャガー」とか呼んでくれたのも祝儀を集めるおば…レディースたちだった。それにしてもジャガーってなんやねんジャガーって( ̄▽ ̄;


« パワーシェービング | メイン | 今となっては恥ずかしい »