パワーシェービング

JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した写真 -

半分に折り畳める西洋式のカミソリ。柄を真っ直ぐに伸ばすとパワフルなシェービングが可能である。しかし角度によっては長すぎる柄が邪魔になって剃りにくい部分がある。そんなときは「へ」の字に折り曲げてコンパクトにするのだが、これだと力が分散して逃げていくのである。そこで思い出すのがアナログプレーヤーのトーンアーム。写真のように角度がついたものが多いが、ストレートアームといって直線で構成されたアームを好むマニアが多い。パワーが逃げないせいだろう。


« 秘密のハイテクシェービング | メイン | ジャガーと呼ばれた男 »