マイクは音を拾うもの?

 音に変化があって面白いので、ガイコツマイクの位置をグーンとあげてみた。すると、各楽器の定位もグーンと上昇するのである。マイクにコードは繋いでない。さてみなさん、これは一体どういうことでしょう?(知らんがな)
 マイクロフォンというのは、スピーカーと同じく振動板が入っている。これを震わせて音を拾っているのだから、逆にいえばスピーカーと同じように音を出すということだ。電気で増幅してないからそれほど音量は出ないけれど、指向性をそこに引っ張ってくるくらいの働きはある。

 これがマイクだからほんまかいなと思うだろうが、もしここにシンバルが吊ってあったら?シンバルが共振するのは想像できるだろう。あるいはバイオリンが固定されてたら?
 オーディオアクセサリーというものは、ノイズを吸収・除去するものではなく、それそのものが「(付帯)音を鳴らす」ものだと考えない限り、いつまでたっても真実に辿り着けないものなのだ。

 そこんとこをしっかり踏まえ、匠がバイオリンの名器を作るようにオーディオアクセサリーを作っているメーカー、インフラノイズのリベラメンテケーブルは他社のケーブルとは全く違うんです!
 お得なLANリベラメンテ発売記念キャンペーンは7月31日まで。


« ガイコツマイク登場 | メイン | センスが古臭い? »