エンジンオイルの匂い

昨日、JimmyJazzの内装の元になったのは、1980年代に箕面にあった「アウトバーン」という喫茶店だという話をしたら、当店の顧客二人から「俺も昔よく行ってたよ」と言われて驚いた。やはり同じ匂いを嗅ぎつけて当店にやって来たのだろうか(^^;
「アウトバーン」もBGMはジャズで、マンハッタン・ジャズ・クインテットとかが有線で流れていた。こちらにはあまりこだわりなく、コンセプトの主軸はあくまでもモータースポーツといった感じ。床は当時の若者の誰もが憧れたフローリングwww。
JimmyJazzはアクセントに黒やシルバーを使っているが、あちらは木目のこげ茶とコンクリートが基本カラーだった。懐かしい。
しかしいくら店がかっこよくても、中身が伴わなければXマイナスで、「なんだよ、かっこだけかよ!」ってことになるから、決して期待を裏切らないかっこいい店というのはすんごくハードル高いんだよなあ。


« かっこよすぎて忘れられない伝説の店 | メイン | ガイコツマイク登場 »