リーゼントの話

 リーゼントといったら、オールバックで全部後ろに流すスタイルを想像するかもしれないけれど、ポマード塗ってくしで撫でつければOKかというとそう簡単なものでもない。盛り上げるべきところと締めるべきところのメリハリが重要なのだ。フロントは高さが欲しいしトップはボリュームを押さえたい。それをどうやって出すか。リーゼントの達人は、くしとポマードだけでボリュームを自在に調整するのである。

 髪の毛はつむじを中心に渦を巻いて生えていて、巻いてる方向に沿って撫でつければボリュームが出にくく、巻いてるのと反対に流そうとすると髪の根元が立ち上がり、ボリュームが出やすくなる。
 たいていの人は渦が右に巻いているから左側で7:3分けにすると収まりがいいのだが、ボリュームを出すためにあえて右側から分ける人もいる。
 また、毛流は後ろから前に向かっているから、これを真後ろに流せば前髪にボリュームが出るが、押さえたいトップにまでボリュームが出てしまう。そのためトップの髪は毛流に沿って押さえやすい前方から右方向へ逃がして、ボリュームが欲しいフロントは左から右方向へ立ち上げるという高等テクニックもあって、ドラマ『池中玄太80キロ』に出ていた三浦洋一がこのスタイルでキメていたっけ。

 そこまでするのが面倒な人は、ハワイアンリーゼントという、トップの髪だけを角刈りのように短くする変則スタイルもあったが、セットしないとカッパのお皿みたいですごく変なのだ。
 わたしも今ではハワイアンリーゼントにカットしなくてもカッパみたいになりつつあるのだが( ̄▽ ̄;


« ポマードといえば | メイン | 昔の髪型 »