ポマードといえば

このごろわたしも自分の髪によくポマードをつけるようになった。ポマードといえばリーゼントで、少なくなった髪を集めてなんとか形をつけている(^^;
元が床屋の息子であるから、ポマードは店のを使い放題だったが、昔のポマードは油性のものしかなくて、塗っても光るばかりでコシがなく、ボリュームも出にくいうえに、一度塗ったら三回以上シャンプーしないと落ちなかった。油性のポマードでうまくセットするには、塗ってから二日くらい経ってホコリや汚れがついた頃がいちばんカッコ良くなったものだった。しかし当然そのまま寝ると枕がポマードで汚れるし、風呂に入れば汗をかくしで、なかなかポマードというのは敷居の高い整髪料だったのだ。これでも若い頃は髪が多くて多くて、サイドをピシッと押さえるのにポマードを塗り、盛り上げる前髪には塗らないのがお約束だ。18歳の頃、アメリカ村のペパーミントというロックンロールのブティックで売ってる"Pep Pom"という水性ポマードを気に入ってつけていた。セット力が強く、ベトつきも少なく、シャンプーでサッと落ちるからあれは良かったな。その後オートバイの免許を取ってヘルメットをかぶるようになり、汚れるのが嫌でポマードとの縁が切れた。
で、何十年ぶりかでポマードをつけるとやっぱり昔のあのリーゼントになっちゃうのである。つっぱることが男の勲章なのである。


« ジョージ・アダムスの『ナイチンゲール』 | メイン | リーゼントの話 »