現代バーバー事情

 おそらく一般のお客様はまだあまりご存知ないと思うけれど、去年あたりから一部のバーバー業界がやたら勢いづいてきている。まずは当店でも使用しているバリカンメーカー”WAHL”のCM動画をご覧ください。

Wahl Schorem Commercial

 これは一体どこの国の出来事なのか?昔の映像なのか?それとも現代なのか?好き嫌いはともかく、いかついタトゥーだらけの男たちが一心不乱に髪を刈るその異様な迫力に圧倒される。
 興味が湧いたらこの動画のロングバージョン(約10分)も観ていただきたい。

Schorem Barbers Documentary - Extended Version

 オランダのロッテルダムにあり、世界一とも噂される「シュコーラム」というバーバーのドキュメンタリーである。この映像、実にカッコいいではないか!
 日本国内の床屋たちも素晴らしい技術を持っているのだが、いかんせん「見せ方」が下手なために美容室にやられっぱなしだったのが、「そうか、こういう見せ方をすればいいのか!」と方向を示されたことで俄然やる気を取り戻し、鹿の剥製やら古い額縁やらをやたらと壁にかけまくって、客をバリカンで刈り上げては、グリースを塗りたくる「シュコーラム」のコピーみたいな店が雨後の筍のように出てきた。

 一方では、アメリカ西海岸テイストの爽やかなバーバースタイルも人気である。

A Day at Baxter Finley Barber & Shop

 こんなふうに美容師には絶対できないであろう男っぽくてカリッとしたカッコいいビデオを観せてくれると、我々理容師も大いに勇気づけられる。そうなんだよ!後ろ髪をひらひらさせたホストみたいにチャラいのはもう時代遅れなんだよ!

 こちらのバーバーもカッコいいぞ!

GOODLIFE BARBERING

 しかし本音を言うと、JimmyJazzはこれらのどの店よりもずっとずーっとカッコいい!!(自画自賛)ねえ、皆さん!( ̄▽ ̄;


« 2本目のLANリベラメンテ到着 | メイン | 今度こそ本当のオリジナル店販袋 »