一度やったらやめられない

 わたしは人様にはあまりオーディオマニアになることをお勧めしない。自分からマニアになりたいというなら止めないまでも、好き好んでオーディオマニアになる必要はないと考える。もちろんなったらなったで”仲間”として歓迎するけれど(^^;

 高級なオーディオでないと音楽の神髄を感じることができないかというと決してそんなことはない。iPodでもウォークマンでもちゃんと聞こえるなら大丈夫。下手にオーディオなんかに凝りだすと、やれジャズは鳴るけどクラシックは鳴らないとかいった不毛な議論に巻き込まれるかもしれないし、余計な出費はかさむし、迷路に迷い込んでいるうちは音楽なんて楽しめたもんじゃない。

 そういった苦労を突き抜けたところに桃源郷が待っているのだが、桃源郷だと思ったら地獄で呻吟していたなんてこともあるから、そう簡単には辿り着けない「愛の国ガンダーラ」みたいなものと思って間違いない( ̄▽ ̄;
 一生知らなきゃ知らないで何も困らない、そういう世界なのである。あれが鳴らんこれも鳴らんと苦しんでいる暇があったら、どんどん新しいCDでもレコードでも買って聴けばいいのだ。そのほうがオーディオをいじくり回すよりずっと生産的である。

 それなのになぜオーディオマニアをやめないのか。一度やったらもうやめられないのがオーディオマニア。ごくたま〜に素晴らしい美音が聴けるという褒美もある反面、音の調子が悪いとイライラしてくるからまったく困ったものである。だって、普通の人って、スピーカーの音質が悪くても機嫌悪くならないでしょ?


« 発作みたいなもの | メイン | JimmyJazzオリジナル店販袋 »