真似したい伝播力

 真似といえば、ジャズというのはなんとも真似しにくい音楽だ。チャーリー・パーカーのようにアルトサックスを吹きたいと、リード奏者の誰もが真似しようとしたが、どうやっても真似できないように演るのがクールだったのだ。ジャズがわかりにくい、難解な音楽とされるのは、真似できないようにわかりにくいように演奏するせいもあるだろう。

 ところがビートルズが出現した途端、若者たちはヘアスタイルからファッションから、こぞって真似をしだした。真似するのが簡単だからである。ギターの弾ける者はコピーして、何もない者は箒をギター代わりに。その結果、レコードが爆発的に売れるようになったのである。

 レコード会社はそこそこ売れていたジャズよりも、爆発的に売れるロックに力を入れるのは当然のこと。コロムビアのトップスター、マイルス・デイヴィスも「なぜだ?」と戸惑ったに違いない。クリシェを嫌い、先鋭的で誰も真似できない音楽を演ってクールを装っていたら、誰でも真似できるロックにしてやられたのだ。平易でイカしていて、さらに真似しやすいことは強烈な伝播力を持つ。


« 羨ましくないと誰も真似しない | メイン | ニューオリンズとウィントン・マルサリス »