まだまだやるぜ100のアイデア

 デューク・エリントン自伝「A列車で行こう」(原題:”Music is my Mistress”音楽こそ我が女王)を4週間かけて読み終えた。二段組435頁の大著なので、ベッドで読むのも重く、支える腕が疲れるのでさすがのわたしも手こずってしまった(^^;

 さて、2月から始めた壮大な計画「JimmyJazzを輝かせる100のアイデア」も、5月末で100個を実践した。実際に書き出したアイデアは140個くらいだが、資金的にまだ無理(新しいMacを買うとか)なものも多々あって、できることを片っ端からやってなんとか100個。平均するとほとんど毎日何かが変わってる計算だ。
 お客様の直接目につかないものも多いし、こんなことやってて当たり前といった今更言うのも恥ずかしいようなところもあるのだが、さすがに100個も変化があると、無言の迫力で「なんだかよくわからないが頑張ってるな」という熱意だけは伝わってるようだ。

 6月からさらに「JimmyJazzを輝かせる200のアイデア」を達成すべく頑張っていくので、迷走っぷりも含めて大いに楽しみにしていただきたい。


« JimmyJazzより愛を込めて | メイン | 一から出直し »