Dig the beard

 理容師のシェービングには、「ひげを掘る」という必殺技(?)がある。早い話が深剃りして髭が生えてくるのを遅らせることだ。T字の安全カミソリではそれが難しいので、わたしは自宅でも一枚刃のカミソリを使っている。夜入浴の後にひげを掘っておいて翌日まで持たせるという習慣だ。
 昔、大晦日に床屋が大混雑した背景には、市販のカミソリに良いものが少なくて、31日に床屋でひげを掘ってもらって元旦はスベスベで迎えるという意味もあったのだ。

 しかしながら、深剃りをすると血が出てヒリヒリする人もいるから、そのへんの見極めはけっこう難しい。それこそ見習いの頃、痛くないようにと遠慮して剃ってたら「あんたに剃ってもらうより自分で剃ったほうが長持ちする」と言われ、随分と悔しい思いもしたものだ。
 先日入荷したMCCクリームクラシックを使えるので、これまでよりもちょっとだけ深く掘ることができるようになった。この安心感、この差は大きい。一般のお客様よりむしろ同業のバーバーにお勧めしたいほどである(^^;


« マイ・ファニー・ジミージャズ | メイン | 涼しげな音楽を »