"シーツ・オブ・サウンド”

 1957年、麻薬禍によってマイルス・デイヴィスのバンドをクビになったジョン・コルトレーンは、ピアノの巨匠セロニアス・モンクに師事する。コルトレーンはモンクの示唆により単音楽器のサキソフォンで和声を表現する方法、つまり楽節の中にものすごい数の音符を敷き詰める"シーツ・オブ・サウンド"という奏法を完成させた。のちにコルトレーンはこの1957年を振り返り「わが覚醒の年」と語ったという。

 このブログでも昔、その"シーツ・オブ・サウンド"を「音符がたくさんプリントされたシーツ」のことだと説明したら本気にした人がいたっけ(^^;

 ところでJimmyJazzもついに"シーツ・オブ・サウンド"を導入した!音符がたくさんプリントされた布地を買ってきて家内にシェービングケープを縫ってもらったのだ。さすがに中村商店のような立派なシェービングケープには及ばないものの、愛情こもった手作りは最高の贅沢。白と黒の色違いデザインもなかなかイカしてる。でかしたぞ!ありがとうかあちゃん!*\(^o^)/*
 わたしのお袋も、よくうさぎの小紋柄の生地でピンクのケープを縫っていたな。ケープが縫えるようになってようやく一人前の床屋の女将さんなのだ。

 「ジャズの聴ける理容室」でしか味わえない"シーツ・オブ・サウンド”の感触をお楽しみください。


« バーバーの怨念 | メイン | バーバーアトラクション »