バーバーの怨念

 美容師を志す若者は多いが、何を間違えたか理容師になってしまった人はおそらく家が床屋だったとか、何らかのしがらみがあってこっち側に来たのだろうと想像する。
 美容師はおしゃれな職業として世間に認知されている一方、合コンなどで職業を訊かれて「理容師」と答えると「えっ?美容師さん?」いや、「理容師、理、理容師、床屋、散髪屋なの」と言ったとたん女の子のテンションがショボーンと下がる、なんてことは理容師なら誰もが経験したことあるだろう!(わたしは合コンなどしたことないけど)

 とにかく「美容師=おしゃれ」「理容師=ダサい(というかその言葉さえ知らない人が多い)」の公式をずーっとずーっとずーっと何十年も世間から押し付けられてきたので、理容師はどこか屈折してる(人が多い)(^^;
 JimmyJazzが出現した時には、「どうだ!?理容室だってかっこいいだろう!」と得意満面だったけれど、かっこいいと証明するためには店まで連れてこなければいけない。外では相変わらず「理、理容…」と小さな声で説明しなくちゃならなかった。

 それが近頃バーバーブームが来ていて、かっこいいバーバーが増えてるというので、わたしも他の理容師のブログなどを見るようになったのだが、文面は静かでもそこはかとなく怨念みたいなものを感じるのである。無理もない。散々いじめられ、「こ・の・う・ら・み・は・ら・さ・で・お・く・べ・き・か」と浦見魔太郎のごとく溜めに溜めた怨念がマグマのように沸騰し、このブームに乗じて「チャラい男は美容室でも行ってやがれ!!地獄に落ちろ!!(何もそこまで)」と今にもちゃぶ台をひっくり返しそうな勢いなのである。

 そんなぁ〜。気にしすぎですよ〜。ボクたちそんなこと思ってませんよ〜と言う人は多いだろう。そんなこと思ってないと言ってるくせに美容室行ってる奴!!お前なんか地獄に落ちろ!!!(何もそこまで)( ̄▽ ̄;


« ジャックと霧吹き | メイン | "シーツ・オブ・サウンド” »