ジャックと霧吹き

 知ってる人は知ってるが、ジャックダニエルの瓶の口はペットボトルのキャップの径と同じで、100均などで売ってる霧吹きやソープディスペンサーのポンプがぴったりはまる。実は世界中のヘアサロンでこのジャックダニエル霧吹きが使用されていて、ちょっぴり粋なスプレーヤーとして人気を博しているのだ。

 作り方は、空になったジャックの瓶に100均で買ってきたスプレーのポンプを付け替えるだけなのだが、ジャックの瓶は350mlのものを選ぶこと。近所のスーパーでも手に入りやすい700mlボトルでもできなくはないが、重すぎてこれを振り回すのは危険(^^;
 ポンプの色はなんでも構わないけれど、やはりラベルと同じ黒がしっくりくる。あと、”No.7”と書いたボトルネックのシールはある方がカッコイイので開封の時に取ってしまわないように。

 髪を濡らすのはもちろん、鏡を拭いたり窓ガラスを拭いたり植木に葉水をあげたりと、ジャック霧吹きは1日に何度も活躍するのだが、一般家庭では霧吹きよりもソープディスペンサーのポンプをつけた方が食器用洗剤を入れたり使い出があるかもしれない。シャンプーを入れて風呂場で使うこともできるが、ガラスが割れると危ないからあまりお勧めはしない。
 くれぐれも割って怪我などしないよう、自己責任でジャックダニエル霧吹きをお楽しみください。


« 大手にできないサービスを | メイン | バーバーの怨念 »