ジャズに包まれた幻想的な空間

 今、早川雅章著「繁盛店は、なぜ3秒でお客様のココロを掴むのか?」を読んでいる。その本の中に「多くのお客さんをトリコにする”コンセプト製造法”」というのが載っていた。
 繁盛店を作るにはコンセプトが重要で「竹庭に包まれた幻想的な空間」というような、耳触りの良いだけのコピーはダメ。「あなたの店は、誰が、どんなときに利用して、何が決め手で来店する店なのか?」その答えがコンセプトなのだ。

 もっと具体的に言うと、お客様が会計を終えて店を出たときに「やっぱり、この店って、ほかとは全然違うんだよね。だって◯◯なんだもの」と思う、この「〇〇」に当てはまる言葉こそがコンセプトになる。

 では当店の場合は?みなさんもうおわかりだと思う。
「やっぱり、この店って、ほかとは全然違うんだよね。だってジャズの聴ける理容室なんだもの」どうだ、自信あるぞ、コンセプトはバッチリじゃないか。
 しかし今時ジャズくらい有線放送でレストランでもコンビニでもスーパー銭湯でもかかってる。差別化するためには音を良くしないといけない!ということでオーディオでえらい目に遭ってるのもみなさんご存知のとおりだ(^^;


« 毎週木曜日の夜はアナログナイト | メイン | ジャック・ダニエル大作戦 »