一個や二個じゃダメなのよ

「お釣りがいつも新券ですね。わざわざ銀行に両替に行ってるんですか?」
 そらもちろん。行員が届けてくれるほど預金してないですし(^^;

 できるかぎりお釣りをピンピンの新券でお渡しするのは、何も最近始めたことではなく、ここ数年ずっと心がけていることだ。それをお客様の口から言ってもらえるのは、やはり数々のアイデアを実践してある程度のレベルに達したのだと素直に喜びたい。
 JBL4343みたいな巨大スピーカーがあっても、アルコランプのような大掛かりな照明器具を入れても、まったく気がつかない人が多いことは何度か書いた。一個や二個変えて、「ほら変わったでしょ?気づいてください」とやっても、なかなか気づいてもらえない。そうじゃなく、小さくてもいいから玉を多く打つことがコツなのだ。

 2月から始めた「JimmyJazzを輝かせる100のアイデア(いちいち面倒なので今回から”続”は省略)」も、現在108個のアイデアを書き出して、うち73個を行動に移した。だいたい40個をやった頃から手応えが感じられるようになり、50個を過ぎたらお客様の感想が聞けるようになった。

 この春から就職した新社会人諸君も自分なりに頑張っているとは思うが、もしかしたらわたしのように一個や二個頑張って、ちっとも上司が認めてくれないと嘆いているかもしれない。そうじゃなく「撃ちしてやまん」ではないが、次から次へバンバンアイデアを出しまくって、50個くらい実行したら、さすがに周りも何か言ってくるはずだ。
 ただ、「余計なことをしないでもっと集中しろ!」と怒られても責任は持てない( ̄▽ ̄;


« 音楽バーバー | メイン | ディア・ハンター »