音楽バーバー

 近頃は理美容サロンもFMラジオや有線放送じゃなく、スタッフが選曲したこだわりのBGMや、アナログレコードまでかけるような凝ったお店が出てきて、元祖”ジャズの聴ける理容室”としては「ようやるな〜」という感じである。アナログは当店でも何度かやろうとしたが、ずっとかけ続けるのは本当に面倒くさいのだ。ちょうどシャンプーの最中に面が終わったりすると、ズザザザーッ、ズザザザーッ、ズザザザーッ、というノイズを聞きながらシャンプーを終わらせないといけない。それで次のレコードにかけ替えているうちにプレーヤーの周りがレコードの内袋やジャケットで散らかってくるし、バタバタしてるときに限ってしょうもない電話会社から営業の電話がかかってきたりして、もうしっちゃかめっちゃかになってしまうのである(^^;

 確かにアナログ特有の味は捨てがたいものがあるけれど、もうすでにハードディスクに入れてMacで再生する方が音質のクオリティが高くなってしまったので、アナログをかけることもめっきり減ってしまった。そのうち定期的に「木曜日の夜はアナログ特集!」とかやってみてもいいかなとアイデアを温めている。
 当店もようやく「いい音を聴かせてくれてありがとう」と言ってくださるお客様がぼちぼち出てきた。「音楽を聴かせるのを売りにしよう」なんておこがましいことを思いついて数十年、これでもまだ音楽でお金をいただけるレベルには達してない。だから音楽料金の上乗せなどめっそうもない!いくら元手がかかっていてもそれはこちらの勝手。「聴かせてやるから金を出せ」なんて口が裂けても言えないのだ。


« LANリベラメンテ試作品を聴いた! | メイン | 一個や二個じゃダメなのよ »