なんでもええねん

 自動車のメカニックの人で、スナップオンなどの高級工具ジャンキーというのが結構いらっしゃる。理容師も高級ハサミとか道具にこだわる人が多い。わたしは道具に関してはそうでもなくて、どちらかというと切れたら”なんでもいい派”である。なんでもよくないのは二つある。散髪の仕上がりともう一つは店のオーディオで、これが一番始末が悪い(^^;
 だって嫌でも一日中聞かなくてはいけないのだから、スピーカーがシャキッと鳴らないと仕事もシャキッとしない。そういうものだ。

 だからと言って、「高級なスピーカーでないと耳が腐る!」なーんてことは全然なくて、音楽が間違って聞こえなければ1,500円のお風呂用スピーカーでもiPhone純正イヤホンでも大丈夫。これまたやっぱり”なんでもいい派”なのである。ただし、オーディオ界にはやたら高いくせに間違って聞こえる製品が山のようにあって、特にケーブル類でそういうのを買ってしまうと売り飛ばす以外使い道はない。前言撤回、やっぱりなんでもよくはない。結局どんな道具を使うかよりも出てくる成果にこだわることが一番重要なのだと思う。


« ジミヘン大好き | メイン | LANリベラメンテ試作品を聴いた! »