ジミヘン大好き

 こないだの休日は、オンデマンドでジミ・ヘンドリクスの伝記映画「JIMI:栄光への軌跡」を観た。こう見えてもわたしはジミヘンに関してはちとうるさい。なにしろJimmyJazzのJimmyはジミヘンから採ったのだ!(ウソつけ)
 高校生の頃、ロック評論家の渋谷陽一がジミヘンのフィルムコンサートをやるというので観に行ったら、もう凄いのなんのって、完全にノックアウトされにわかサイケデリック少年になってしまったという経歴を持つ(^^;

 それはそうとこの映画、使用許可が下りなかったとかでジミヘン本人の音源や作曲した曲が一切出てこない(カバー曲である「ワイルド・シング」や「ライク・ア・ローリング・ストーン」なんかは登場するのだが)。一番の見せ所が、開演30分前の楽屋でメンバーに出たばかりのレコードを聴かせ、ポール・マッカートニーらの前で演奏する「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」なのである。

 主演のアンドレ・3000がジミの話し方をじつにうまく再現していて、ああ、言う言う、言うよね〜こういうセリフと嬉しくなってしまった。半分くらいで中だるみもあるが、まあ頑張ったで賞くらいは差し上げたい。
 アンドレ・3000のジミ役で、今年公開の映画「マイルス・アヘッド」とコラボして、「マイルス&ジミ」とか作ってくれたら絶対観に行くけどなw


« GWは平常通り営業します | メイン | なんでもええねん »