伸びてなくても行きたくなる店に

 「散髪が嫌で嫌で、伸び放題になるまで行きたくない」な〜んて言われて、仕方なく切りに来るなんて気持ちが萎える。そうじゃなく、「JimmyJazzに行くのが楽しくてしょうがない。髪が伸びてなくても行きたい」と思われるようになりたいものだ。「行くと毎回何か変わってる、今月は何があるのだろう」と期待されるような店。昔は「行くと毎回音が良くなってる」というのが売りだったが、マニアックすぎてほとんど誰も気づかなかったものだ(^^;

 試験的に販売している「小鼻の汚れ取りシェービング」のPOPを作っていたら、なんだかムダにカッコいいのができたので額装してかけておいた。
 そしたらJimmyJazzの階上に住んでいていつもカットにいらっしゃるおばあちゃんが「まあ!これやってくださるの?」と瞳をキラキラさせて仰るではないか。もちろんですとも。鼻なんて自分では剃りにくいですもんねー。

 果たしてカーボン配合のクレンジングジェルを塗って10秒ほど小鼻をマッサージ。鼻がじんわり温まって汚れが浮いてきたところに穴熊ヒゲブラシでシャボンをつける。さあここからがバーバーの真骨頂だ。複雑な形状の小鼻を剃刀で隅々まできれいの剃りあげる。このクレンジングジェルは塗ったときは温感があり、洗い落とすと冷感が作用するから、シャボンと剃刀で洗われたおばあちゃんの鼻は今スーッとしてるはず。

 おっ、なんかツルツルしてますね。ビフォーアフターの写真を撮っておけばよかったと思うくらい効果はてきめんで、おばあちゃんの鼻はヨーロッパのスポーツカーみたいにツルツルテカテカと光っている。顔の中心が光ると表情もパッと明るくなるようだ。「いや〜ホンマに300円でよろしいの?」ええ、まだテスト期間ですので。これは手応えあり。「小鼻の汚れ取りシェービング」滑り出しは快調だ。(モニター期間は終了し、ただいまカット料金+500円でご提供しています)


« 瞑想クリーム&スカルプマッサージ | メイン | 第三回 神戸・御影AUSIC倶楽部 5/28(土),29(日) »