鳴れば極楽『マリア・マリア』

 本日はミルトン・ナシメントの『マリア・マリア/ウルティモ・トレム』というCDをご紹介しよう。最初聞いたときにはなんじゃこりゃ?と思って放り投げたが、オーディオの音が良くなるにつれ、ちょっとずつ、ちょっとずつ良くなってきて、今ではもうかけるたびにくねくねと身をよじって感動してしまうのだ(^^;
 これはなんという音楽だろう。ブラジル音楽、ワールドミュージックというべきなのかどうなのか。ジャズのようにテクニカルでも粋でもなく、素朴だがロック的なシンコペーションもあり、何よりもミナスの山々を流れる清流のように音が良いのである。

 ワールドミュージックは鳴らすのが難しいというけれど、これも最初当店のシステムで全然鳴らなかった。うまく鳴らないと内容も全く耳に入ってこない。それが一変して愛聴盤に化けるのだからオーディオは奥が深い。
 このCDは2枚のアルバムをカップリングしたもので、一枚目の『マリア・マリア』の5曲目「リリア」は女奴隷を鞭打つ悲鳴が延々入っているのでお客様のいる時にはかけられない。よってもう一枚の『ウルティモ・トレム』の方が先に馴染んできた。単純でへんてこりんなメロディを覚えると、なんとなく一緒に歌いたくなる。一緒に歌ってるうちにミルトンの世界にどっぷりはまってしまい、今度は『マリア・マリア』の方も繰り返し聴くようになった。ジャズじゃないけどもう最高なのである。


« 「関西Walker」をやめることにした | メイン | バーバーショップカルテット »