ジャズの聴ける理容室のマッチ

 昨日、ディーラーのムラオ君からインド製アーユルヴェーダの秘薬(⁉︎)のサンプルをもらったので、これをスカルプマッサージコースに組み込めないかテスト中である。少量を額のチャクラ部分にチョンと塗ったらあら不思議、アロマの香りでリラ〜ックス♪、てな感じ。決してヤバい類のものではない(^^;

 コロナビールサービスも好評で、散髪が済んでから飲んでもらうぶんには問題ないようだ。ビールを出すタイミングはまだ迷っていて、二度目のシャンプーが終わってマッサージに入る時に出すのがいいのか、それとも散髪も精算も全て終わってから出すのがいいのか。
 そういえば、大昔に他店で散髪してもらったら、マッサージのタイミングでタバコをサッと差し出され、ホストのように火を点けられ、吸いながらマッサージを受けるというサービスを体験した。まああの頃は成人男性の9割くらいが喫煙者だったから、そういうサービスもアリだったんだろう。

 わたしが実家で修行していたときも、常にタバコ(銘柄はマイルドセブン)が常備してあった。そうだ、思い出した。あまりかっこよくないから言わなかったが、実はJimmyJazzのマッチがあって、まだ大量に余っている。弟の店と共同で作ったから裏は弟店、表は当店のリバーシブル。電話番号もまだ9桁の時代のものだ。こっそり灰皿の上に乗せているので、記念に持って帰りたいという奇特な方はどうぞ。


« 春は変なおじさんが出てきます | メイン | 「関西Walker」をやめることにした »