「なぜ顧客の心が離れていったか」を考えよ

 今年になって観た映画が9本、読んだ本はまだ26冊で、昨年と比べかなりローペース。というのも、老朽化したJimmyJazzの修復及び技術の底上げとサービス見直しに力を入れてるため、なかなか時間が取れないのである。
 そんな中で今読んでるのがアメ横・老舗『二木の菓子』門外不出の販促術「なぜ20円のチョコでビルが建つのか?」

 『二木の菓子』のある店舗の業績が毎年減っていたため、テコ入れのために新しい店長を送り込んだ。これまでチラシやクーポンのばら撒きで集客していたが、それではダメだと判断した新店長は、他店と比べ劣っている点、すなわち基本の徹底<商品の陳列を見やすくする>、<欠品をなくす>、<接客を丁寧にする>、<店頭を目立たせる>、<破れているPOPは張り替える>、<現場で接客対応できるスタッフを常駐させる>、<クリンネスを徹底する>をしたところ、業績が徐々に回復してきたという。
 不況の中で売上が減ってくると、数字を上げることに目がいくけれども、集客や販促の前に「なぜ顧客の心が離れていったか」を考えることが先決で、「店舗の基本」を怠ってないかを確認することが重要だと説かれていた。耳が痛い。ビールなんか飲ませてる場合じゃないぞ(^^;


« WEB先行予約ページが!? | メイン | 仕事の精度を高めよ »