言葉は正しく使いましょう

 以前からガーシュイン作の歌劇「ポーギーとベス」には、「I Loves You,Porgy」とか「Bess, You Is My Woman Now」とか、へんてこりんな文法の歌詞が出てくるなと思っていた。これは黒人社会でのスラングだという説もあるけれど、わたしの感じるかぎりでは、ちゃんと教育を受けてない奴隷たちの拙い会話をステレオタイプに表したものではないかと思う。日本で田舎者を表すのに「オラ、〇〇だべ」と喋らせたり、京都人だと「〇〇どすえ」と喋らせるようなもの。そこに差別的な悪意があるかどうかは別として、だ。

 何にしても、いい大人になって正しい言葉遣いができないと思わぬところで恥をかくことになる。特に我々理美容師はバランスよく教養を身につけてない人が多いから、よく誰でも知ってるような常識がスコーンと抜けてたりする。わたしも25歳くらいまで”執着”のことを”シッチャク”と読んでいて赤っ恥をかいた。ああ今思い出しても恥ずかしい(^^;

 我が息子は4月1日から張り切って美容室に修行に出ている。そのサロンではマッサージをしないらしく、「お父さん、”シミセ”のマッサージを教えてくれ!」と言ってきた。おいおい、それを言うなら”老舗”やろ?”死んだ店”みたいに言わんといてくれ。ただでさえ壁にいっぱい”遺影”がかかってるのに…。( ̄▽ ̄;


« 新メニュー考案中 | メイン | ビール片手に散髪しよう »