エリザベスペイズリー

 このところ、「エリントン的だ」とか何だかわけのわからないことを口走って顰蹙を買っている。決して「ベイシー的」でないところが重要なのである。

 ますますエリントン的にしてやろうと自宅からラルフ・ローレンのファブリックを持参して、ナノサプリシャンプーを置いてるテーブルに敷いてみた。この柄は”エリザベスペイズリー”。一気に雰囲気が格調高くなってシャンプーも高級そうに見える。エリザベスといえば英国だからどちらかといえばエリントンじゃなくベイシーでは?なーんて堅いこと言いなさんな(^^;


« スカルプマッサージ新記録 | メイン | アレが足りない »