イエイ!

 ジャズメンのモノクローム写真はかっこいい。プリントしたのを額縁に入れて店の壁を埋め尽くしたいと思うのだが、白黒写真を黒縁フレームに入れると、どこから見ても”遺影”みたいになってしまう(^^;
 今でも生きてるのはソニー・ロリンズくらいで、ほとんど亡くなった人ばかりだからまさしく遺影そのもの。等間隔にきちんと並べると、犬神家先祖代々の遺影みたいでますますいけない。だからわざと少しずらしたりして。

 なんでこうカッコよく決まらないのか、やはり黒縁が遺影っぽいのかと長年悩み続けていたアホなわたしは、昨日ハタと気がついた。ひょっとして紙が白すぎるんじゃね?インクジェットプリンタの用紙はどれも真っ白。これはシルバーアッシュで自分の髪を白くしてる場合ではない。早速アイボリーのコピー用紙を取り寄せてプリントしてみたら、おおっ!や、やっぱり遺影みたいだ!!( ̄▽ ̄;


« 感謝の日々 | メイン | スカルプマッサージ新記録 »