モダンシルバー世代歓迎

店の外でブンチャカ鳴っているブルートゥーススピーカーの音を聞きつけてお年寄りの一見さんが入ってきた。ちゃんと集客に一役買っているじゃないかブルートゥース(^^;
やかましいジャズが鳴っているというのに、最近のお年寄りは抵抗がないのだろうか。入口の段差もなんのその、手押し車でガンガン入ってくる。素晴らしく勇敢である。店を始めた28年前には、お年寄りはドアが半開きになったところで「間違えた」といって引き返して行ったものだ。今のお年寄りはJimmyJazzのような突飛な店でもまったく躊躇なく入ってくる。ちょうどタモリが70歳だから、70代の人はモダンジャズ世代。ジャズに抵抗がなくてむしろ自分にぴったりの店だという感覚だとしてもおかしくない。そのとおり!歓迎しますよ!お年寄りもダンモなのである。


« 相互扶助の精神 | メイン | 感謝の日々 »