相互扶助の精神

生まれたときから地元で商売をやってる家に育つと、「同じ買うならお客さんの店で買ってあげる」という相互扶助の精神が常識のようになってくる。お互いが良い仕事をしているぶんにはたいへん天国的で微笑ましいけれど、仕事の質が下がって「あまりうまくないけどお客さんだから」と、義理でしょうがなく買ってあげる状態が続くのは健全とは言えない。商いは、その取引じたいでお互いに得することが重要で、原則そこで完結させるのが肝心なのだ。一回の取引で買ってよかったと思わせなくてはいけなくて、そこに「お客さんだから」という不純な気持ちがあると、「うちは買ってるのにあちらは買ってくれない」という妙な不満が積み重なり、だんだん関係がおかしなことになってくる。義理や人情に頼らず、本当に良い商品、良いサービスを提供するのが商人の真骨頂ではないだろうか。でもかく言うわたし自身、これまでずいぶん義理と人情に助けてもらったもんなあ〜。偉そうなことは言えないなぁ(^^;


« バーバーイリュージョン | メイン | モダンシルバー世代歓迎 »