映画「Miles Ahead」の公開が楽しみ

 マイルス・デイヴィスの伝記映画「Miles Ahead」の日本公開が決定したそうで誠にめでたい。中山康樹さんが生きていたらこれを観てなんと言うだろう。演じるはドン・チードル。気の弱そうな線の細い黒人で、どちらかといえばマイルスよりケニー・ドーハム似の印象があったのだが、サングラスをかけてしわがれ声で喋るとさすがハリウッド俳優、なんだかマイルスしてるじゃないの(笑)
 チードル自ら監督・脚本を務め、制作資金も寄付を集めて10年がかりで完成させたというから、マイルス者の鑑ということで、万が一映画がしょうもなくても拍手を送りたい。

 予告編ではマイルスが拳銃をぶっ放しているぞ。そんな事件あったっけ?史実そのままでなくちょっと脚色が加わっているのかもしれない。マイルスの人生を2時間や3時間で網羅しようなんてどだい無理な話だが、どの部分に焦点を当てているのか非常に興味がある。それから衣装や舞台セット、車など、時代を映し出す小物の演出も憎いではないか。公開が楽しみだ。


« いろんなJimmyJazz | メイン | バーバーイリュージョン »