老舗バーバーカウンター

 当店名物というか、JimmyJazzの最も象徴的な什器が高くて長いバーカウンターである。幅約80センチ、長さ約350センチの天板は合板つまりベニヤ板なので、そう自慢できるほど高価なものではない。
 本当は一枚物の無垢板だとかっこいいのだが、この大きさだと樹齢数百年の神社のご神木みたいなのを切ってこないと無理なのでまあしょうがない。

 ご存知のようにこういった合板は、まっすぐな丸太を大根の桂剥きの要領でベローンと皮を剥ぐように薄く切って、それを伸ばしたものを何枚も重ねて一枚の板状に貼り合わせて作る。だから表面の木目に継ぎ目がないのが特徴だが、やはり一枚物の板と比べると表面が微妙に波打ってるし木目も美しくない。

 しかしそれなりに気に入って、タバコの焼け焦げができたり、弁当を食べたり、半田付けをしたり、読書をしたり、プリンターのインクをこぼしたり、いろいろな傷や思い出を染み込ませながら約27年。
 手入れといったら水拭きと乾拭きだけで、特にワックスをかけたりしてないのに、この頃だんだんと渋いツヤと光沢が出てきた。5年や10年程度では味わえない、これぞ老舗の貫禄というやつではないか。


« 一流品の高い理由 | メイン | 未完成は古くならない »