未完成は古くならない

髪型でも服装でもなんでも、100パーセント完璧にキメてしまって動かすことができないのは面白くない。完璧でなくてもいいから、多少遊びがあって70パーセントになったり120パーセントになったりするほうが楽しいじゃないか。
JimmyJazzの内装が古く見えないのは、(壁の色が最初からくすんでいるせいもあるけれど)完全に作り込まないで常に1割程度は未完成のラフな状態にしてるせいだと思う。例えば照明器具は天井に走らせたレールから給電して、照明の種類、照らす対象や角度をフレキシブルに動かすことで大きく雰囲気を変えることができる。埋め込み式のダウンライトや蛍光灯、シーリング照明等だと気軽に照明を変えるわけにはいかない。これは一般家庭のリビングやオーディオルームにもお薦めの方法。完璧であれば劣化していくだけだが、未完成ならば無限の可能性がある。


« 老舗バーバーカウンター | メイン | いくら払えば良い音が手に入るのか »