目立ちたいけど目立ちたくない

 楽器を演奏する人の多くは、人前で演奏してみたいと思いつつも、あまり目立ちたくないという自己矛盾を抱えてることが多い。本当は目立ちたいけど、目立ちたくない。どっちやねん!(^^;
 ジャズマンの中にもそんな人がいて、例えばジミー・ロウルズというピアニスト。この人はすごい才能だと思うが、なぜか目立つことを嫌い、リーダー作も多くない。

 もどかしいと思ったのか、それともギャラが目当てか定かでないが、スタン・ゲッツがロウルズを引っ張り出して吹き込んだのが『ピーコックス』というレコード。この中でロウルズは渋い歌声まで披露している。ここまでできるのになんてもっとバリバリ売り出さなかったのかと不思議である。おそらく目立ちたいけどあまり目立ちたくなかったのであろう。サイドマンとして光るプレイを聴いて我慢するしかない。

 ジミー・ジャズもロウルズと2文字違いだから、目立ちたいけどあまり目立ちたくない。店の外にスピーカーで音楽を流していると言うと、ありがたいことに「プロジェクターで映像を流してはどうか」などとアドバイスしてくださるお客様もいらっしゃるが、いや、そこまでギンギンに目立ちたいわけではないのである。すれ違った瞬間に漂ってくる麗人のいい香りのように、店の前を通り過ぎる時にフッと聞こえてくるジャズのワンフレーズがひっかかればそれでいいのだ。


« プロの勘 | メイン | ペッパーにあらずんばホットにあらず? »