刈り上げ、できますか?

「よし!明日おっちゃんにバリカン入れてもらおう!」
 クラスで一番の洒落者の彼が、教室の戸を開け入って来るなりそう叫んだのを今もはっきり憶えている。バリカンなんてとんでもない!西城秀樹や沢田研二が肩にかかる長い髪を風になびかせ歌っていたあの時代に、流行に敏感な彼は勇敢にも刈り上げに挑戦していた。
 若者は誰もが刈り上げを時代遅れのダサい髪型と思っていた時代に、バリカンで刈り上げるなんてすごく勇気のいることだったろう。床屋のせがれであるわたしだって怖くてバリカンを使ったことがなかったのだ。

 ちょうどニューウェーブというパンクの後にロンドンに出てきたファッションが日本にも入り始めた頃で、男女共前髪を長く垂らし、後ろは刈り上げというスタイルがその後ファッション業界を席巻する。その後日本はバブル時代を迎え、刈り上げスタイルは定着。JimmyJazzも時流に乗ってオープンした。

 しかし、いつの頃からか、髪型の注文を訊く際に刈り上げますかと言うと「刈り上げなんてとんでもない!」という人が出てきたのだ。これには面食らった。当店はとんでもないヘアスタイルを売ってる店なんだろうかと真剣に悩んだものだ(^^;
 それがここ2〜3年の間に、おしゃれに敏感な若者(バブル以降に生まれた)たちが刈り上げを注文し始めたのである。それもバリカンで!
 流行は巡るというが、長いことやってないからもうおじさんは刈り上げの仕方忘れちゃったじゃないか〜(冗談です)。


« 思わぬ効用 | メイン | プロの勘 »