掛け時計引退

 遅れたり激しく進んだりを繰り返しながら騙し騙し使っていた掛け時計がついに動かなくなった。25年も使ったのだからもういいだろう。ただ困るのが次にどういう時計をつけるかである。視認性が良くてかっこいいデザインのものがなかなかないのだ。
 どうせなら度肝を抜くようなクールなデザインの時計にしてみたいが、実用性を考えたらそうもいかない。迷ったが、掛け時計がないと仕事にならないので、とりあえず間に合わせの物を注文しておいた。ほんとうに「これならバッチリ!」というのが見つかるまで気長に待つとしよう。25年間ご苦労様でした。


« 換気扇交換 | メイン | 良い音に正解はない!! のか? »