決め手はチューニング

 このところ店内の音のほうは快調で、インフラノイズの新製品フィルタライザーがじつにいい仕事をしてくれる。見よこの立ち姿!これにコードを6回ぐるぐる巻きつけるだけなのだ。「オーディオ製品の音の良し悪しを決めるはスペックや性能じゃなくチューニングだ」と堂々主張してるようではないか。他のメーカーさんも早く気づけばいいのに。

 エンジンテーブルを置いたりLED照明をつけたり外でスピーカーを鳴らしたり色々やってるが、肝心の店内の音が悪くなるといけないから慎重に慎重に、音を聴きながら少しでもおかしいと思ったら元に戻す。一度コンセントが足りなくなって三又コンセントを付けてみたらこれが音が悪いのなんの!んっ?ひょっとして中に盗聴器でも仕込んであるのかな??わざわざ盗聴しなくても外にもスピーカーをつけたから、今度からそちらでお聞きください(^^;


« JimmyJazzの灯り | メイン | アワ・ポリシー »