JimmyJazzの灯り

 JImmyJazzがかっこいい店だということをすっかり忘れていたように、自分自身の素晴らしさを忘れている人も多いんじゃないかなあ。自惚れない程度でたまには昔褒められたことを思い出し、ニヤニヤしてみるのも悪くない。

 さて、当店がかっこいいという自覚が薄れた原因の一つに白熱電球が手に入らなくなったことがある。いきなり「これからは省エネなので白熱電球の生産を中止します。照明はLEDにしてください」と言われて、そんな無茶苦茶な話があるかと思いつつLEDを点けてみたらなんとムードのない。しょうがないから白熱灯から蛍光灯の電球に替えてしのいできた。蛍光灯の灯りも昭和のバーっぽくて嫌いではない。なのに政府は2020年までに蛍光灯も無くすというではないか。もういい加減にしてほしいものである(^^;

 LED電球も最近は改良されたものがぼちぼち出てきて、以前のような白けてしまう妙に眩しいものばかりでなく、使いようによってはカッコよく見えるようになったが、言われるがままに電球を付け替えた老舗旅館などはLEDのムードのない灯りのせいで格を落としてしまったかもしれない。
 当店もそのへんを慎重に見極めつつ、あくまでも経費節約でなく店がかっこよく見えるようにLEDを導入していきたい。といっても完全にLEDを信用したわけではないので、100円均一で買った100ワットの白熱電球も当分は併用となるだろう。


« ピッチが変わるんですけど? | メイン | 決め手はチューニング »