道行く人にもJAZZの幸せを

 店の外にスピーカーを設置して、小さな音でジャズを流せば道行く人々にもアピールできるのではないかと、これまでにも何度か挑戦したことがあるのだが実現に至らなかった。

 コードを一本外に引っ張ってきてそこらへんに転がってるスピーカーに繋いだらエエだけやん?
 アナログでやろうとした場合、例えばコードを通す穴を開けるべきかとか、閉店時にいちいちスピーカーの線を抜いて撤収しないといけないのが面倒だし、さらに店内の音量と外スピーカーの音量のバランスも考えなくてはいけない。理屈は簡単なのになかなかこれができないのだ。ブルートゥースのスピーカーでできないかな?と常連のお客様と話していたら、今朝そのお客様がJBLのブルートゥーススピーカーを「試してみて」と言って貸してくださった。

 さっそく本体ボタン長押しでMac miniとペアリングするも、ブルートゥーススピーカーを鳴らすとメインシステムから音が出なくなる。そこで、Macの”Audio MIDI設定”を開いて左下の”+”をクリック、”複数出力装置を作成”を選ぶと出た出た!ブルートゥースの”JBL Micro Wireless”。音ずれ補正もできるとは賢いじゃないの。これで立派なサテライトスピーカーとして使用できるぞ!表の看板下に吊り下げてみた。ん〜いいじゃな〜い。ちょっとそこ行くお兄さん、寄ってらっしゃいよ〜♪てなもんである(^^;


« 日本一かっこいい理容室 | メイン | JimmyJazzの古時計 »