日本一かっこいい理容室

 今度はカウンターの下にIKEAで買ってきたダウンライトを仕込んでみた。悪くない出来だが、少し地味なのでこれも言われないと気がつかないかもしれない(^^;
 せいぜい足元が明るくなって落し物が減るくらいか。スツールのクロームメッキがくすんでるのがバレるので、エンジンテーブル同様、顔が映るまで磨き上げる。

 こうやってシコシコ磨いていると店を始めた頃を思い出す。当時は”日本一音の良い理容室”ではなく、”日本一かっこいい理容室”を作ったつもりでいた。まあ、お金さえ出せばなんぼでもかっこいい店はできるとは思うけれども、散髪の腕はともかく店のコンセプトで「あかん、これは負けた」と思った理美容サロンは未だにお目にかかってない。でもいつの間にか店がかっこいいとか、そんなことはすっかり忘れていた。ちょっと古くなって今更だけど、またJimmyJazzを日本一かっこいい感じに戻していきたい。あ、音も日本一でw(自画自賛)


« 少し下げてみた | メイン | 道行く人にもJAZZの幸せを »