続・JimmyJazzを輝かせる100のアイデア

 どっかのミセス向けムック本のようなタイトルをつけてみた。「続」というのは、5年ほど前にも改善のための100個のアイデアを思いつくまま片っ端から書き出して、実行したら消すということをやっていたからだ。
 一度の改装もなしに30年近く店を使っているものだから、いつの間にか老朽化が進み「これはじっと見られたら恥ずかしい」というところがあっちにもこっちにも出てくる。これぐらいいいだろうと細かいことでも放置しておくと、そのうち「なんだかボロい店だなぁ」と思われてしまう。気づかないうちに進行していくから恐ろしいのだ。

 まだ100個に満たないけれど、そのいくつか書き出したなかのうちの一つ、「割れた床のPタイルの修復」をやろうとして、接着剤をアマゾンで注文したら、プライム会員でもないのに今日中に届くという。早い!それじゃ予備のPタイルを準備しようかと探してみると大瓶に入った業務用接着剤が見つかった。なんだ、まだ5年前のが使えそうじゃん。アマゾンから届く前にPタイル修復は終了(^^;

 下水の流れが悪いからパーマのロッドでも詰まったかなと流し台の下のホースをチェックしてると、古くなったホースの蛇腹が裂けて水がだだ漏れに!( ̄▽ ̄;
 こんなのっていくらくらいするのか皆目見当がつかない。一万円札を握らせ、家内にホームセンターで同じホースを買ってきてもらう。「ナガシハイセンホース451円(税込)」也。

 そんなこんなで、ダメなところを修理したりテコ入れしたり、新しいことに挑戦したり、とにかくちょっとでも気になったら書いておいて、やれることからやっていく。
 そういえば以前、スピーカーのエッジを修理した後で、「エッジが破れたままで放置してるから、もうやる気ないのかと思った」と言われて滝の汗をかいた。見てる人はちゃんと見てるのだ。今もマッキントッシュのランプの片方が切れたまま放置してある。うーむ、重量級のオーディオばかりだと何をするのも億劫になるなあ(^^;


« 魑魅魍魎の棲む店 | メイン | ペラペラPOPなら大丈夫 »