庶民の超能力

 世の中がどんどん便利になって、昔の王侯貴族でも叶わないような贅沢をしてるかに見える我々現代人。映画も音楽も好きな時に見放題、聴き放題。食料は豊富で安くて食べきれない。エアコンがあれば暑さも寒さもへっちゃら。着るものはユニクロで安く揃う。でも、王侯貴族の暮らしとは何かが違う?

 表面上は全く同じでも、人はそのサービスなり製品の背後にどのくらいのコストや手間がかかってるか敏感に察知する超能力を持っていて、それで値打ちがあるかどうかを判断しているように思える。すなわち、コストがかかってない商品、安く作れるようになった商品は高性能でも高いと感じ、ローテクでも手間暇かけて創られたもの、熟練の技で作られたものの価値をある程度感じ取ってしまう。まったく恐ろしい能力だ!


« ガリガリ君 | メイン | 魑魅魍魎の棲む店 »