定点観測の達人

 わたしは自分の耳が良いとか、感性が特に優れているとかそのようなことは全く思ってなくて、むしろ人並みよりかなり劣ってるのではないかと心配で、毎日ふるえて眠る人なのである(^^;
 ただ、普通の会社員とかではありえない環境の中にいて、30年近くも同じ仕事をしながら、同じ場所でじーっと観察している。

「なんで昨日と今日とでは違う音がするのだろう?」
 最初は、「ボリューム位置が違うせいだろう」と、深く考えてなかったけれど、何回も何回もうんざりするほど繰り返している過程で、「気温とか湿度とかも関係あるのかなぁ」と考えたり、「地震の前は一時的に音が悪くなるみたいだな」とか、「電球が切れそうになると音が悪くなるのだな」とか、ついには「聞かせる人によって音が良くなったり悪くなったりするのは不思議だな」とオカルトみたいなことまで言い始める。こんなの好き好んで言いたいわけない。繰り返し繰り返し経験してると、一定の法則として固まってしまうのである。

「なんで仕事の調子がいい時と悪い時があるのだろう?」
 これも長年の定点観測で、「何を食べたら調子が悪くなるか」とか、先日公開した健康法とか、そういう経験則が積み上がってきている。だからって偉くも何ともないのが悲しいけれど。定点観測の達人は、時折、外を飛び回って仕事をしている人が羨ましくなるのである。


« 国家試験 [4] | メイン | ガリガリ君 »