JimmyJazz的健康法

 毎年この時期になると言ってるように、1988年11月のJimmyJazzオープン以来、わたしが病気で店を閉めたのはたった1日きりである。1989年の1月7日、昭和天皇崩御の日に高熱が出たので医者に行き、「仕事できますか?」と尋ねたら「馬鹿なこと言いなさんな」とドクターストップが出た。それであくる日の1月8日(日曜日)は店を閉め、1月9日が月曜で定休日だったので2日で風邪を治した。傍目には陛下が御隠れになった悲しみのために営業を自粛してるように見えたかもしれない。

 それから27年間、旅行で休んだことはあっても体調不良を理由に休んだことは一度もない。そうは言っても調子の悪いことが全くなかったわけじゃないから、用心しつつ健康管理をしてきたつもり。その流れで気がつけば民間療法的なものを結構編み出してきたので皆さんに効くかどうかわからないがちょっと書き出してみよう。

1)風邪の予防は朝冷水で顔を洗う
手洗い、うがいは当然のこととして、真冬に冷たい水を使うことで必ず身体は強くなる。ぬるま湯はダメ。

2)胃がムカムカする場合は極力食べない(飲まない)
胃腸は酷使すると調子が悪くなる反面、時間をおいて休ませれば回復も早い。薬や栄養を入れるのはなく一食抜いて休ませるに限る。

3)腰痛には床の拭き掃除が効果的
背骨を支える筋肉が衰えると腰痛になる。四つん這いになって雑巾で床を拭く動作でこの筋肉が鍛えられるのだ。あと、意外なことにベルトをビニール素材のものから天然皮革のものに変えて腰痛が楽になったこともある。

4)肩こりにはガッツポーズ!
1日数回ガッツポーズするだけ。肘を肩より上に上げる姿勢で肩こりが治る。

5)便秘にピーナッツ&りんご
便秘気味だと瞬時に頭が働かず、いいヘアデザインも思いつかない。毎日数粒ピーナッツを食べ、時々りんごを食べるのがよく効く。

6)眼精疲労にはもろみ味噌
一時期疲れてくると目が見えにくくなることがあったのを、毎夕食時にもろみ味噌を食べることで改善した。味噌汁でも効果はあると思う。

7)不眠には綿パジャマを
夜中に目が覚めて眠れないのはつらい。ずっと冬はユニクロのフリース、夏はドライ素材のシャツを着て寝ていたのをやめて、綿100%のパジャマに変えた途端、寝つきがよく朝までぐっすり眠れるようになった。

 いずれも実体験から編み出した健康法だが、真似して効くかどうか、あるいは副作用があるかどうかについても当店は一切責任を負いません。
 ただ、これで27年休まず乗り切ってきたので何かしら良いものがあるかもしれない。この調子で髪の毛がフサフサに生える方法も発見できればと思う(^^;


« ベッキーの不倫について | メイン | 国家試験 [1] »