ショットのピーコートはあったかい

 なんだか全然寒くないなぁと思いながらクリスマスが過ぎ、正月が過ぎ、ようやく昨日あたりからブルッとくる冷え込みになってきた大阪なのである。特に風が冷たく、着るものに困る季節だけれど、今シーズンはショット製ピーコートを手に入れたのでもっぱらこいつが活躍している。実は昨年11月に、わたしのライダース革ジャン(これもショット製)と弟のピーコートを取り替えっこしたのである(^^;
 50歳過ぎのおっさんがライダース着てたらシブいかもと思い、30年以上前に買ったのを大事に取っておいたのだが、いざ50過ぎてみたら腹がキツくてチャックが閉まらない。弟は弟で、体格が貧相でピーコートがブカブカになってしまったので、互いのニーズが合い、思い切って物々交換と相成ったのだ。

 しかしこのピーコートが思いの外あったかいのである。冬はダウンが最強だと信じていたがピーコートも負けてない。デザインは少々無骨すぎるきらいもあるけれど、厚手のメルトンウールなので風を通さず、首にマフラーを巻いて手袋をすれば完全防寒となる。映画「フィラデルフィア・エクスペリメント」では、海軍兵士がシャンプレーのシャツの上にピーコートを羽織っていた。さすが軍モノ、船上の風もそれだけで充分防げる感じだ。
 一方、弟にあげたライダースはあんまりあったかくないのである。彼はこれ着てバイクに乗ると喜んでいたけれど、真冬にこれだけだと結構キツいのではないかと少し良心をいためている(^^;


« 粘れ御児 | メイン | トニーはどこへ行った? »