ジャズ代無料

 もうキャンペーンは終了してしまったけれど、インフラノイズの新製品フィルタライザー&タップリベラメンテを使うと、もともと良い録音のソフトがターボをかけたようにものすんごく良くなるなあ。まだ発送をお待ちの皆様、もう少しでお手元に届きますので妄想を膨らませつつお待ちください。

 ところで、ジャズ喫茶の主な業務は「ジャズを聴かせること」で、コーヒーや軽食などはおまけみたいなものである。コーヒー代を500円だとすると、音楽代が300円くらいで残りの200円が喫茶代だろうか。
 JimmyJazzでは、ジャズを一応付加価値として売っているけれど、他店と比べて料金を高くしていない。音楽代もコーヒー代もタダで、丸々4000円全てがカット代である。
 最初は「大した音でもないのにジャズを聴かせるなんて畏れ多い」と思っていたのだが、徐々に音量が大きくなり、スピーカーと店主の態度も大きくなってきた。今ではほぼ無理やり聴かせていて半強制状態となっている(^^;
 ちなみに弟の店ではオールディーズがかかっているが、いつ行っても蚊の鳴くような小音量で、もうちょっと景気良く鳴らせばいいのにと思うのだが、簡単に見えてもなかなか音楽を聴かせるというのは難しいものなのだ。


« 世界に一つのJimmyJazz箸 | メイン | 「キモい」の法則 »